第8回ITスキルアップ研修会in安曇野2007
概要
日時 2006年11月25日(土) 13:30~16:30
会場 ビレッジ安曇野
主催 ITスキルアップ研修会in安曇野 実行委員会
協力 株式会社マルマツ/株式会社内田洋行/富士通株式会社/東京書籍株式会社/光村教育図書株式会社/パイオニア株式会社/シャープシステムプロダクト株式会社/中村理科工業株式会社
セミナー内容
  1. 講演<みんなで築くセーフティネットワーク>塩尻市教育委員会 教育指導主事 山本秀樹 先生
    子どもがコンピュータやインターネットを主に体験するのは学校と思っていませんか?今や子どもの手の中には携帯電話があります。携帯電話って、電話でしょうか。いいえ、子どもが携帯を持って使ってみたいことは「メール」と「カメラ」です。つまり、今の子どもたちが欲しがっている携帯電話はインターネット端末なのです。各地で小学校高学年から中学校、高等学校で、メールや掲示板での誹謗中傷、出会い系サイトでのトラブルなど、携帯電話に関係したトラブルが聞こえてきます。このような現状で、何が課題で、何をしなくてはいけないのでしょうか。先進的に研究実践されている、塩尻市教育センターの山本主事をお招きしてお話をお聞きしたいと計画しました。特に生徒指導、情報教育担当の先生方、携帯を与えようか迷っているお子さんをお持ちの先生方、絶対おすすめです。
  2. 講演・実習<学校とあなたを守るセキュリティ!>株式会社 内田洋行 教育システム事業部 課長 野村 裕之
    「生徒の個人データの入ったコンピュータが盗難!」「成績が入ったUSBメモリーが紛失!」聞いただけでドキッとするニュースでした。子どもたちや学校、私たちを守るためにも、校務に関わるデジタルデータをどのように守っていけばよいのでしょうか。パスワード、生体認証、暗号化・・・キーワードは山ほどありますが、よくわからないですね。ちょっとマニアックな話になるかも知れませんが、私たち自身を守るためにこれからは必要になるお話になることは間違いありません。情報管理責任者の先生方(教頭先生が多いのでしょうか)、ぜひご参加ください。実際にファイルの暗号化など、体験も計画していますので、初心者の方も安心してご参加ください。
  3. 講演・実習<楽しく集中デジタル教科書!>内田洋行/東京書籍/光村教育図書
    小学校の国語や中学校の英語などをはじめとするデジタル教科書の活用が広がってきています。教科書の内容がそのままデジタル化されているので、授業で即使えます。教科書の内容を画面で拡大投影するだけでなく、クリックすることでいつでも朗読や音声の再生が可能に。また、資料画像やイラスト、動画などを効果的に織り交ぜて提示することもでき、その場で書き込みも可能。 デジタル教科書は、子どもたちの集中度を高め、「わかる・できる」授業実現のための有効なツールとなっていくものと思います。e-黒板やプラズマディスプレイなどのハードウェア環境とともに実際に「見て」「触れて」みていただきたいと思います。ぜひ、多数ご参加ください。
ページのトップへ戻る